傘寿のお祝い会でのスピーチや挨拶では何を言えばいいのか

傘寿のお祝い会でのスピーチや挨拶では何を言えばいいのか

80歳傘寿のお祝い会において、きちんとした言葉でスピーチする時間を設けると、会が引き締まります。盛大にお祝い会を開くなら、スピーチは考えておきたいものです。ただ、みんなの前でスピーチするのはやっぱり緊張します。なので、伝えたいことは事前に確認しておきましょう。

 

 

まずは傘寿の人へのお祝いのメッセージが大切

結婚式のスピーチなどと違って、特にルールはありませんが、1番大切なのは傘寿を迎えた人へ感謝とお祝いの言葉を述べること。「おめでとう」という言葉は、形式張った文章を考えなくても、気持ちを込めれば相手に伝わります。あまり上手く言おうと考えず、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

 

家族も同席している場合には、傘寿を迎える方の家族に対してもお祝いの言葉を述べられると良いですね。家族に思いやりの言葉は、傘寿を迎える方にとっても嬉しいものですから。

 

人前で何かを話すのが苦手な人は、紙に書いた言葉を話しても良いのですが、紙ばかり見ていてはダメ。ご本人の顔をしっかりと見て伝えましょう。

 

あまり長々とさせず丁寧語できちんと伝える

スピーチのタイミングはお祝い会によってもバラバラですが、よくあるのが乾杯の前です。そのまま乾杯の音頭をとることもあります。その場合、早く料理を食べたい人にとって、長すぎるスピーチでは場の空気がしらけてしまいますから、なるべく手短に。

 

お祝いの言葉は最初にお祝いの言葉を、次に自分との関係や少し思い出などを述べて、本人に思い出に浸ってもらうという流れも良いと思います。そして家族や、傘寿を迎える人のこれからの人生の幸せを願う言葉があれば、それだけでもう十分。要点だけを話すのがスマートです。

 

お祝い会がこじんまりとした身内だけの会でも、スピーチをする時にはきちんと丁寧語で話した方が周りには伝わります。メリハリも大切なので、話し言葉ではなくスピーチらしい言葉で感謝を述べましょう。

 

気を付けたいのは、老いを連想させる「枯れる」「崩れる」「もろい」など傘寿に相応しくない言葉使いです。スピーチには言ってはならないタブー言葉もあるので気を付けてください。

page top